当院の特徴

当院で行う人工股関節の両側同時手術

人工股関節の両側同時手術とは

変形性股関節症で、両側の股関節が変形していて、痛みが両側に同じくらいある患者さんもいらっしゃいます。多くの病院では片側ずつ、二回に分けて手術を行います。当院では、患者さんから希望がある場合は、両側同時手術も行っています。

両側同時手術の長所と短所は?

長所

  • 入院・リハビリ期間が短くなる
  • 入院費用が抑えられる
  • より早く、左右差なく歩けるようになる

両側同時手術を行うと、リハビリも同時に行うことになります。入院・リハビリを考えると、長所が多いですね。それでは、短所はあるのでしょうか?

短所

  • 手術時間が二倍になる
  • 出血量が二倍になる
  • 手術直後に痛む箇所が二カ所になる

二カ所を手術するため、片側ずつ手術する場合に比べて、様々なことがまとめて一度に起こります。

 

同時手術を行うかどうかは病院による

両側同時手術を行っているかどうかは病院によって異なります。

患者さんによっては、「痛いことを二度もするのはイヤ! どうせなら一度で両側とも終わらせたい!」と考える方もいらっしゃいます。

当院では、両側同時手術の希望がある患者さんには、両側ずつ行う場合と片側ずつ行う場合の長所と短所を全てお話ししています。その上で、患者さんご自身の判断でどちらにするか決めてもらっています。

いずれにしても、手術を行う側の医療者としては、両側に同じだけクオリティの高い手術を提供できるように取り組むことを肝に銘じて、まい進しています。

 

手術を検討している方は、どんなことでもご相談に乗りますので、ご連絡ください。板橋中央総合病院の整形外科診療部長・久留医師がご回答致します。

 

手術法によって脱臼リスクが異なる 術後の生活での脱臼が心配? 人工股関節手術には、いくつかの手術方法があり、脱臼率は手術方法によって変わります。 一生に何度も...

 

   戻る  

ABOUT ME
板橋中央総合病院 整形外科 診療部長
久留 隆史
皆様が股関節の痛みや脱臼の不安感に悩まされることなく、日常生活を送る手助けができれば幸いです。気になることがあればお気軽にご相談ください。