どんな病気が考えられる?股関節の痛みとその原因

どんな病気が考えられる?股関節の痛みとその原因

股関節の痛みと原因

股関節が痛い?どんな痛み?

足の付け根が痛い、お尻が痛い、骨盤が痛いなど、股関節辺りの痛みでお悩みの方は、どんな痛みなのか確認しましょう。

痛むところは?

まずは痛むところを確認しましょう。

  • 足の付け根
  • 太もも
  • 骨盤
  • お尻
  • ひざ

いつ痛む?特徴は?

痛いと感じるのは、具体的にどんな時ですか?

  • 左だけ(右だけ)痛い
  • 左右どちらも痛い
  • 歩くと痛い
  • 階段の昇り降りが痛い
  • ランニングやサッカーなど運動すると痛い
  • 産後で股関節が痛い

上記のような痛みを感じる場合は、股関節や腰に原因がある可能性が高いです。

股関節の症状として最も多いのが「変形性股関節症(へんけいせいこかんせつしょう)」。進行度によって手術の必要が出てくるため、まずは症状を自覚することが重要です。

 

股関節の痛みの原因について

股関節の痛みの原因は関節炎

関節が痛い場合、原因として、関節が炎症を起こす「関節炎」が考えられます。

股関節は胴体と脚を繋ぎ、体全体を支える関節です。胴体(骨盤)側の丸いくぼみに、脚(大腿骨)側の球体の骨がはまり込む作りをしていて、骨の間にある軟骨がスムーズに動く手助けをしています。しかし、加齢や肥満、過度な運動などが原因で、負担がかかると、軟骨はすり減っていきます

衝撃を吸収するクッションである軟骨が減り、硬い骨同士がゴリゴリと擦れてしまい、関節炎(痛み)が起こります。

股関節の病気

股関節の病気は4つ|ほとんどが変形性股関節症

股関節の病気は、大きく4つに分けられます。

  • 変形性股関節症
  • リウマチ性股関節症
  • 骨頭壊死
  • 大腿骨頚部骨折

このうち、最も多いのが変形性股関節症です。

 

変形性股関節症

変形性股関節症とは、文字通り関節が変形して壊れてくる状態のことを表します。ひどくなると球形の関節面が消失し、スムーズな動きを阻害します。「股関節が痛い」と言って来院される方のほとんどが、この変形性股関節症です。

 

リウマチ性股関節症

関節リウマチやその類似疾患によって、関節が破壊されます。最終的には、変形性股関節症と同様の状態になるため、治療法も変形性股関節症と同様です。

 

骨頭壊死

大腿骨頭と呼ばれる大腿骨側の骨の中が壊死(血液が通わない)状態になります。様々な原因がありますが、直すことはほぼ不可能であり、厚生労働省が難病指定としている疾患であります。最終的には骨頭がつぶれて消失することが多いです。

 

大腿骨頚部骨折

転倒などがきっかけで、大腿骨頚部を骨折することを指します。多くは高齢者に生じますが、強い外傷が加わると若い方でも骨折することがあります。骨折自体は治療を施せば治るりますが、大腿骨頭への血行が阻害されるため、骨頭壊死と同じ経過をたどることとなります。

 

治療タイミングの目安

治療のタイミングは、「股関節の痛みから解放されたい」と思った時です。

おおまかな目安として、下記のポイントが当てはまるなら、十分治療を検討するタイミングでしょう。

  • 夜に痛みで目が覚める
  • かがんで靴下が履けなくなった
  • 短時間の家事でも痛い
  • 買い物帰り、重いものが持てない
  • 歩く時に足を引きずる
  • 足の長さが左右で違う

詳しくは、変形性股関節症についてのページでご説明します。

脱臼率が異なる?脱臼しにくい手術方法は 病気が進行してきたら手術療法 痛みを取り除き、かつてのように健康的に歩きたいのなら、一番有効なのは手術をすることです。 手術...

 

変形性股関節症は、術後の経過が良い疾患と言われています。手術によって、痛みがすっかりなくなるかもしれません。痛みでお悩みであれば、まずはご相談ください。板橋中央総合病院の整形外科診療部長・久留医師がご回答致します。

 

  戻る  

お問い合わせ