大腿骨頭壊死症

大腿骨頭壊死症とは

大腿骨頭壊死症とは

大腿骨頭壊死症ってこんな病気

大腿骨頭壊死症とは、大腿骨頭(大腿骨の頭で、股関節の動きの中心)の骨の中が壊死(血液が通わなくなり組織が死んでしまう)する病気です。原因ははっきりわかっていませんが、お酒をたくさん飲む人や病気の治療のためにステロイド剤(副腎皮質ホルモン)を使用した患者さんに生じることが多いことがわかっています。勿論、原因として特に心当たりがないのに生じる特発性(とくはつせい)大腿骨頭壊死症と呼ばれる病態も多く見受けられます。

大腿骨頭壊死症の症状は?

症状としては、突然に誘因なく股関節(脚の付け根)に痛みが生じます。なかなか治らないので病院に行って診断されるのですが、初期にはレントゲンだけでは診断がつかないことも多い病気です。若い年齢層の患者さんが罹患(りかん)することも多く、基本的には予防法や治療法(手術治療以外の)が無いので、「国指定の難病」のひとつに指定されています。難病指定疾患ですので、治療にかかる医療費が免除されるシステムがあります。早めに申請して治療に臨まれるのが良いでしょう。

大腿骨頭壊死症の治療法・手術は?

骨頭壊死は治らない病気であり壊死した組織の再生は不可能と考えられていますので、治療法としては基本的に手術治療がメインとなります。

手術は二種類、骨切り術と人工股関節置換術

手術には大きく分けて、骨切り術と人工股関節置換術の二つがあります。日本では20~30歳ぐらいの若い患者さんに対して骨切り術が選択されることもありますが、欧米ではあまり行われていないのが現状です。その理由はあまり成績がよくないこと、骨切り術を受けるに該当する患者さんが少ないこと、骨切り術がうまくいかなかった後に実施される人工股関節置換術が難しくなることが挙げられています。

40歳以上の患者さんであれば、最初から人工股関節置換術を受けるのが良いでしょう。人工股関節置換術は変形性股関節症の患者さんに対して行われる手術と同じものです。ただし、大腿骨頭壊死症の患者さんは変形性股関節症と違って比較的若い患者さんが多いので、重労働に従事・スポーツ愛好者などの活動性の高い患者さんが多いのが特徴です。ですから、術後の脱臼という合併症を懸念される方が多いように思われます。

人工股関節置換術にはいくつかの手術アプローチがある

人工股関節手術には、いくつかの手術進入路(アプローチ)があり、脱臼率は手術アプローチによって変わります。術後の脱臼を予防するためには、できる限り筋肉や腱を切らずに行う前方系のアプローチが適しています。大腿骨頭壊死症とはそれ自体は治らない疾患ですが、良い治療法が確立された疾患であるとも言い換えることができると思います。決して悲観することなく治療に臨まれるのが良いでしょう。

脱臼リスクが少ない手術方法、仰臥位前外側アプローチ(ALS THA)を検討している方は、ご相談に乗りますので、ご連絡ください。人工股関節専門ドクター・久留隆史医師がご回答致します。日本大学病院・板橋中央総合病院にて外来受診可能です。

手術アプローチによって脱臼リスクが異なる 病気が進行してきたら手術療法 痛みを取り除き、かつてのように健康的に歩きたいのなら、一番有効なのは手術をすることです。 手術...

 

ABOUT ME
久留 隆史
皆様が股関節の痛みや脱臼の不安感に悩まされることなく、日常生活を送る手助けができれば幸いです。気になることがあればお気軽にご相談ください。