手術実績事例

クラシックバレエへの復帰

クラシックバレエへの復帰例

前方系アプローチで人工股関節を設置し、仕事やスポーツなどの趣味に復帰された患者の実例をご紹介します。これは、クラシックバレエの講師をしている方の人工股関節手術後のレントゲン写真です。

クラシックバレエ講師の人工股関節レントゲン右脚(写真向かって左)に人工股関節

自宅でのストレッチ風景

この方は、人工股関節設置後は、自宅でこのようなストレッチを行っていらっしゃいます。

クラシックバレエ講師の人工股関節設置後のストレッチ画像クラシックバレエ講師の人工股関節設置後のストレッチ画像

 

クラシックバレエ講師の人工股関節設置後のストレッチ画像
クラシックバレエ講師の人工股関節設置後のストレッチ画像前後開脚も問題なし
クラシックバレエ講師の人工股関節設置後のストレッチ画像クラシックバレエ講師の開脚ストレッチ

股関節の可動が重要なバレエ講師のストレッチを見ると、脱臼に配慮する動作制限を行わない手術方法、仰臥位前外側アプローチ(ALS THA)の利点がよくわかります。

ヨガなどでよく見かける鳩のポーズもこのようにやっていらっしゃいます。

レッスン風景

こちらはバレエレッスンの風景です。人工股関節設置後、無理なくクラシックバレエに復帰されています。

 

 

脱臼リスクが少ない手術方法、仰臥位前外側アプローチ(ALS THA)を検討している方は、ご相談に乗りますので、ご連絡ください。人工股関節専門ドクター・久留隆史医師がご回答致します。日本大学病院・板橋中央総合病院にて外来受診可能です。

 

手術アプローチによって脱臼リスクが異なる 病気が進行してきたら手術療法 痛みを取り除き、かつてのように健康的に歩きたいのなら、一番有効なのは手術をすることです。 手術...